困ったらプロに依頼を

困る人

ねずみは様々な病原菌や害虫の媒介になる害獣です。警戒心・繁殖力共に非常に強いため市販の対策グッズで根絶することは非常に難しいため、プロのねずみ駆除業者に依頼するのがオススメです。ねずみの習性を踏まえた対策を行うことにより高い効果を得ることができます。

対策グッズの効果

一軒家

鳩は危険の少ない生物ですが、人の住居を休憩場所やねぐらにされてしまうと糞や匂い、営巣されてしまうなどの被害が出ます。駆除専門の業者に依頼すると集合住宅では管理者の許可が必要なこともあります。市販の対策グッズを効果的に使用して駆除できるといいですね。

足元から危険が迫っている

シロアリ

木が主な餌となるシロアリですが、木造住宅では柱などと食べ荒らされることによって、住宅の構成強度を低下させてしまう恐れがあるのです。そうすることで、強い地震によって倒壊してしまいます。そのような事態にならないためにも、駆除業者に依頼して点検をしてもらうと良いでしょう。

巣の存在に気づいたら

ハチ

攻撃性は少ない

蜂の姿を見ると、刺されてしまうのではとつい身構えてしまいがちですが、蜂もむやみに人を攻撃するわけではありません。アシナガバチは特に身近な存在ですが、攻撃性は少ない蜂でアシナガバチの巣を触ったり、イタズラしたりしない限りは人を襲ってくる心配はまずないと言えます。アシナガバチの巣は樹木の隙間、さらにベランダ、軒下などに作られることが多いですが、巣があることを知らずに近づいてしまった場合は攻撃してくる恐れもありますので、身近なところに巣が作られていないかチェックしておきましょう。もしも巣があればできるだけその場所に近づかないこと、近くを通らなければならないときもできるだけ離れて刺激しないよう注意しましょう。

活動期の駆除は避ける

アシナガバチの巣はできることなら早く駆除しておきたいですが、蜂の活動期にはより攻撃的となっていますので、こうした時期は避けることがおすすめです。そしてアシナガバチの巣はワンシーズンの利用ですので、蜂がいなくなったのを確かめてから安全に除去することがおすすめです。とはいえ、アシナガバチの巣を自宅に作られてしまったときなどは早急な対策も必要です。駆除する場合も体はしっかり保護しておき、蜂がおとなしくなる夜間などに行いましょう。市販の殺虫剤なども役立ちますが、アシナガバチも時にはアナフィラキシーショックを引き起こすこともありますので、個人で対応が難しいと感じた場合は作業を中止することがおすすめです。自治体や専門の駆除業者も相談に応じてくれますので、対策に悩んだ場合はまずは相談してみましょう。

Copyright © 2017 アシナガバチの巣の存在に気付いたらすぐに駆除依頼を All Rights Reserved.